共有名義の不動産対策に民事信託を活用した事例

【家族構成】
母(Aさん)・長女(Bさん)・次女(Cさん)

相談内容

AさんはAさんのご主人が亡くなった際に相続した収益不動産を所有していました。不動産の名義はAさんでしたが、建物の建つ土地については長女(Bさん)と次女(Cさん)との共有名義となっていました。Aさんはこの共有名義となっている土地について、財産管理の観点から不安を抱いており、不動産の法人化を含めて検討をしていました。

民事信託を活用

まず不動産の所有権を法人へ移転する場合には譲渡所得税や名義変更に伴う登録免許税、不動産取得税等の税金に対する考慮が必要となります。したがって、今回は委託者をAさん、Bさん、Cさんにし、受託者として新規設立をした法人を設定します。受益者はAさん、Bさん、Cさんとし、Aさんが亡くなった後は第二受益者としてBさん、Cさんが引き継ぐように設定します。また、もしもの場合には不動産を売却し、現金化をしてBさん、Cさんに分配できるようにしてきます。

民事信託のメリット

不動産が共有名義になっていると管理をするうえで全員の同意が必要となるため、現状問題なく運営ができていたとしても、共有している人のうち一人が認知症になり意思表示が出来なくなったり、運営方法に賛成できない人がでてきたり、管理が困難になる場合があります。そのような場合の対策として民事信託では不動産の法人化にかかる税金が節税できたり、不動産の名義を一人に集約することなく管理を可能にすることが出来ます。

民事信託の活用事例のご紹介 関連項目

民事信託について、こちらもご覧ください

家族信託(民事信託)に関するご相談は専門家集団オーシャンへ!

90分完全無料 相続・遺言に関する無料相談はこちら
  • 完全無料で手続きの流れをお伝えいたします。
  • 期間や費用、税金、実費を明確にお伝えいたします。
  • できるだけ費用を掛けたくない方のローコストプラン、丸投げしたい方のプランなどもご案内いたします。

まずは、無料相談を通じて全体像を確認しましょう。

まずは、お気軽にお問合せください。

初回のご相談は、こちらからご予約ください

平日:9時30分~20時00分 土曜:9時30分~18時00分

民事信託 初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内はこちら

家族信託あんしん相談センターでは横浜、藤沢、渋谷に事務所があり、無料相談を受け付けております。また、出張面談も受け付けておりますので、まずはお電話にてお問い合わせください。

【横浜本店】横浜市西区高島2丁目14-17 クレアトール横浜ビル5階
【藤沢支店】藤沢市鵠沼石上1丁目1番1号 江ノ電第2 ビル 4階 
【渋谷支店】東京都渋谷区渋谷1-8-3 TOC第一ビル5階

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします