認知症に備えて民事信託を活用した事例

【家族構成】
父(Aさん)昨年ご逝去・母(Bさん)・長男(Cさん)・次男(Dさん)

相談内容

昨年ご主人が亡くなられたBさんはその際に自宅不動産や収益不動産、預金等の財産を相続しました。Bさんには長男(Cさん)次男(Dさん)がいましたが、二人ともそれぞれ家庭を持っているので離れて暮らしています。現在は一人の生活でも不自由なく暮らしていますが、将来的には自宅不動産を売却し、介護施設に入居をしたいと考えています。しかし、何事もなく介護施設へ入居できればいいのですが、その前に認知症等になってしまった場合に自宅不動産やその他の財産について今のうちに備えておきたいということでした。

民事信託を活用

Bさんを委託者、長男(Cさん)・次男(Dさん)を受託者にしてBさんが認知症等になった場合には不動産の管理、売却を行う事を定めます。Bさんが第一次受益者としてはじめのうちは不動産の管理における利益を受けますが、Bさんが亡くなった後は第二次受益者として長男(Cさん)・次男(Dさん)にし、財産を引継ぎ売却して現金化し収益を得ることを契約の中に定めました。

民事信託のメリット

認知症対策としては任意後見制度などを活用することも可能です。しかし、民事信託契約ではBさんが認知症になった後も財産の運用を継続することが可能になります。

民事信託の活用事例のご紹介について

民事信託について、こちらもご覧ください

家族信託(民事信託)に関するご相談は専門家集団オーシャンへ!

90分完全無料 相続・遺言に関する無料相談はこちら
  • 完全無料で手続きの流れをお伝えいたします。
  • 期間や費用、税金、実費を明確にお伝えいたします。
  • できるだけ費用を掛けたくない方のローコストプラン、丸投げしたい方のプランなどもご案内いたします。

まずは、無料相談を通じて全体像を確認しましょう。

まずは、お気軽にお問合せください。

初回のご相談は、こちらからご予約ください

平日:9時30分~20時00分 土曜:9時30分~18時00分

民事信託 初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内はこちら

家族信託あんしん相談センターでは横浜、藤沢、渋谷に事務所があり、無料相談を受け付けております。また、出張面談も受け付けておりますので、まずはお電話にてお問い合わせください。

【横浜本店】横浜市西区高島2丁目14-17 クレアトール横浜ビル5階
【藤沢支店】藤沢市鵠沼石上1丁目1番1号 江ノ電第2 ビル 4階 
【渋谷支店】東京都渋谷区渋谷1-8-3 TOC第一ビル5階

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします