読み込み中…

料金のご案内

生前対策に関する料金はこちらになります。
遺言書・家族信託・成年後見・生前贈与・相続税贈与・身元保証などの基本的な料金をご確認いただけます。

お客様のご状況によって実際の料金は変わりますので、まずはお気軽に初回無料相談をご活用ください。

遺言書作成サポート

下記料金は、自筆遺言の報酬となります。公正証書は下記一覧の下をご確認下さい。

オプション 遺言書作成における必要最低限の相続人調査

遺言書の作成に必要な戸籍をご持参いただける場合は、このオプションは必要ありません。

公正証書遺言・秘密証書遺言の作成サポート

公正証書遺言の場合、上記費用に加えて3.3万円の報酬(税込)をいただいております。また、当センターから証人2名を立会い人として担当させていただく場合、2名分の日当2.2万円を追加でいただいております。

  • 公証役場での証人は、「配偶者」や「子ども」等はなることができないと法律で定められております。また身内から選ばれると内容の漏えい等により後々トラブルへ発展するケースも多くあることから、司法書士や行政書士など法律家の第三者にされることをお勧め致します。遺言書にも名前が残ります

夫婦で公正証書遺言を作成される場合の あんしんサポート

夫婦で公正証書遺言を作成して、今後のための安心の対策を図っておきたいという場合は、夫婦で公正証書遺言を作成するプラン「むつみ」をお勧め致します。
「むつみ」で、ご依頼いただくと通常よりも59,000円分も安く遺言書の作成が可能です。「むつみ」料金については、下記よりご確認ください。

家族信託(民事信託)サポート

  • 上記は信託の対象となる不動産1件と金融資産の合計金額となります。不動産2件以上は別途御見積となります。
  • 上記の④は協力先の税理士が担当いたします。
  • 複雑な事案の場合、別途、信託専門の税理士や弁護士によるリーガルチェック報酬(22万円~)が必要な場合があります。
  • 信託監督人・受益者代理人・信託管理人への就任は、別途御見積となります。

オプション

  • 信託対象不動産が2件以上の場合の契約書作成加算:220,000円~
  • 信託不動産に掛かる融資(借換)のコンサル業務(最低報酬 16.5万円):
    1億円以下の部分 0.33%
    1億円超 の 部分 0.22%
    2億円超 の 部分 0.11%
  • 関係者加算(受託者・受益者が5名以上の場合):基本報酬×5.5%×5名以上の人数
  • ご自宅訪問での対応(初回は無料):16,500円/1回 2H
  • 信託財産管理口座の開設:33,000円/1件
  • 社団法人の設立・登記:165,000円/1件
  • 上記に記載がない場合は、協議により設定させていただきます。
  • この報酬額とは別に実費(法定費用・手数料・交通費等)がかかります。

信託契約書の作成報酬

専門家がお客様の信託目的をお伺いし、信託目的達成のためにお客様と二人三脚で契約書を作成します。お客様のご状況や財産、また実現したい内容を踏まえたうえで専門家が様々な状況を想定しながら組成させて頂きます。
家族信託(民事信託)契約書は個人で作成することも可能です。しかし入り組んだ法律を理解し、法律に基づいて作成するのは非常に困難となることでしょう。また、後々トラブルを避けるためには、実績のある専門家(法律家)に依頼するのが最善だと考えられます。

登録免許税

信託する財産に不動産が含まれる場合にはその不動産の所有権が委託者から受託者へ変更となる所有権移転登記と、不動産が信託財産になるという信託登記をする必要があります。所有権移転登記と信託登記には登録免許税がかかります。

司法書士への登記報酬

上記の所有権移転登記と信託登記は、ご自身でも手続きをすることは可能です。しかし実際のところ、とくに「信託登記」は司法書士のなかでも”ややこしい手続き”として知られているほどで、そのような難しい信託登記をご自身で対応されるのは、専門家からみて厳しいものではないと思います。手間なく確実に登記を完了させたいのであれば、司法書士へ依頼するのが良いでしょう。
司法書士へ依頼した場合には登記報酬が発生します。

公証人手数料

家族信託の契約書は公正証書でなければならないという決まりはありません。しかし、大切な財産の管理に関する個人間で交わされる非常に重要な意味をもつ書類ですので、公正証書にすることを強くオススメしています。
公正証書の作成には公証人の立ち会いが必要になる為、公証人に支払う手数料が発生しますが必要な費用と考えて問題ないでしょう。

成年後見の申立てサポート

  • 市役所や公証役場等にて必要となる法定費用や手数料その他、必要書類の取り寄せ時にかかる郵送料等は、実費を目安に別途ご負担願います。
  • 後見の申立てに加えて、後見人に就任する場合は別途費用をいただいております。

身元保証サポート

生前贈与サポート

預金の生前贈与

不動産の生前贈与

個別費用の目安

  1. 登記事項証明書閲覧 サポートプランご依頼時は無料
  2. 必要書類取得 サポートプランご依頼時は無料
    • 不動産評価証明書取得
    • 戸籍、住民票等取得費用
    • 不在住証明書、不在籍証明書取得
    • 登記事項証明書取得
  3. 贈与契約書等の作成 22,000円
    贈与契約書 1,000万円以上1,000万円毎プラス11,000円
    • 負担付贈与・条件付贈与は協議により設定させていただきます。
  4. 不動産登記申請一式 30,800円
    所有権移転登記(贈与) 1,000万円以上1,000万円毎プラス11,000円
    不動産2筆目以上1筆事プラス2,200円

オプション

  • 戸籍、住民票取得費用 2,200円/通
  • 不在住証明書、不在籍証明書取得費用 3,850円/通
  • 登記事項証明書取得費用 1,100円/行
  • 本人確認情報作成費用 55,000円
  • 登記原因証明情報(贈与) 11,000円
  • 所有権登記名義人表示変更 11,000円
  • 申述書作成 11,000円
  • ご自宅訪問(初回は無料) 16,500円/日
  • 贈与財産が6,000万以上であるときは、1,000万円毎プラス22,000円とさせていただきます。
  • 上記に記載がない場合は、協議により設定させていただきます。
  • この報酬額とは別に実費(法定費用・手数料・交通費等)がかかります。

死後事務委任契約サポート

契約書の作成…30,000円 33,000(税込)

  • 公正証書で作成する場合は、追加で22,000円(税込)、公証人手数料は別途かかります。
    その他事務手続きを希望される場合は、下記をご確認ください。

らくしご(らくらく死後事務委任契約)

おひとり身の高齢者様のご逝去後の死後事務手続きを法律家が「らくらく死後事務委任契約」を通じてサポートさせていただきます。

預託金一括払いプラン

  • 契約書作成 6.6万円
  • 信託口座利用 5.5万円
  • 預託金 50万円~

生命保険活用プラン

  • 契約書作成 8.8万円
  • 生命保険料約3,400~6,800円/月
  • 保険金 10万円
  • 死亡時の払出金 100万~

らくみも(らくらく身元保証人サポート)

らくしごに追加契約を入れておくことで緊急時の身元保証、連帯保証に対応することが 可能になります。この場合は、「らくしご」に加えて下記の追加契約が必要となります。

  • 医療介護の意思表示宣言 3.3万円
  • 自筆証書作成 5.5万円
  • 事務委任契約 3.3万
  • 身元保証契約 2.2万円

身元保証契約後のサポート料金

  • 身元保証の引き受け:2.2万円/回 ※入院時などその都度発生
  • 訪問サポート:5.5千円/時 ※入院時や緊急時の稼働に関する報酬

相続税対策

将来的な相続税が心配なお客様につきましては、相続税対策のご相談先として弊社のパートナー税理士である、ランドマーク税理士法人様をご紹介させて頂いております。
こちらは国内でも指折りの実績をもつ、相続税申告に特化した専門家でございますので、相続税の試算・生前対策の提案(贈与、交換登記等)・二次相続を想定した試算まで、まとめてご相談することが可能でございます。
まずは無料相談を通じて、将来的に相続税が発生するかの検討からお願いすることが出来ますので、ご要望の際にはお気軽にお問い合わせください。

料金に関する注意事項

  • 市役所・法務局等にて必要となる法定費用、その他、書類の取り寄せにかかる郵送料等は、実費分を別途ご負担願います。
  • 相続財産調査については、お客様からいただいた情報をもとに対応させていただきます。
  • 上記料金は基本費用となっており、事案によって料金が変動する場合があります。
  • 個別事案については、無料相談にて資料などを確認したうえで対応させていただきます。
  • 事案に応じた個別契約を締結している場合、個別契約を優先いたします。

お手伝いに関する方針

  • ご依頼をいただいたお客様に、月1回の目安で進捗の報告いたします。
  • 必要に応じて、弁護士・税理士など専門家を無料でセッティングいたします。

各種生前対策について、わかりやすくご説明させていただきます。

「誰が」「何を相続するのか」を生前のうちに決めます。ご自身の遺志を確実に遺すためにきちんと確認しましょう。

ご自身の財産の管理・処分を信頼できるご家族の方に託すことができ、認知症対策等にも活用されています。

身元保証人は身元保証人欄に名前を書くだけが仕事でありません。多くの対応や責任ある役割を担います。

相続税対策における生前贈与では、贈与を行う事で財産を減らし、将来的な相続税の軽減を図る狙いがあります

判断する力が不十分である人に代わり選任された後見人等が、法的な権利をもってサポートを行います。

葬儀・供養の手配、役所への届出等の具体的な手続きの内容を事前に取決め公正証書で残します。

生前対策あんしん相談センターの
無料相談のご案内

1

些細なことでもお気軽にお電話ください

まずは、お電話にてご相談内容の確認と生前対策の専門家との日程調整をいたします。
無料相談は専門家が対応させて頂くため、必ず事前予約のうえお越しください。できる限り、お客様のご都合にあわせて柔軟に調整いたします。

2

ご予約の日時に当事務所へお越しください

お客様のご来所を当スタッフが笑顔でご案内させていただきます。
専門事務所に来られるのは、緊張されるかと思いますが、当スタッフが丁寧にお客様をご案内させていただきます。どうぞ身構えずに、安心してお越しください。

3

無料相談にてお客さまのお話をお伺いいたします

お客様の想いやご不明点をしっかりとお伺いさせていただきます。
お客様の実現したいことをお伺いしたうえで、私どもで何かお役に立てることがあれば「どのくらい費用がかかるのか」というお見積りも明確にお伝えいたします。

生前対策あんしん相談センターの
初回相談が無料である理由

生前対策あんしん相談センターでは、生前対策について、90分~120分の完全無料相談でお客様のお話しをお伺いさせて頂き、お客様のご相談内容に応じたご提案をいたします。
生前対策を通じて、お客様が実現したい想いをじっくりとお聞かせください。

ご依頼いただくかどうかは、その場で決めて頂く必要は一切ありません。
ご自宅にお帰りになってから、信頼できる方々とご相談されたうえでご判断ください。大切な内容ですので、しっかりとご検討されることを推奨しています

生前対策・家族信託・遺言書・相続手続きで
年間2,000件超の実績

生前対策の
無料相談
お電話でのご予約はこちら 横浜、藤沢、渋谷を中心に、生前対策の無料相談! 0120-772-489 メールでの
お問い合わせ