後継ぎ遺贈型受益者連続信託

自分の遺産を誰にどのように遺すかを決め、死後確実に実行させるにはどうすればよいか考えたとき、遺言書を思い浮かべる方が多いかと思います。ただし、遺言書では自身の相続については有効ですが、それ以降にその財産をどう遺すかは決めることはできません。なぜならば、自身の相続で妻に財産が渡れば、所有権は妻に移り、妻の財産をどうするかは妻が決めることなので、妻に自身の意思を伝えることはできても確実な方法ではないのです。

 

後継ぎ遺贈型受益者連続信託を使うとできること

後継ぎ遺贈型受益者連続信託は、自身が亡くなった後の財産の継承先を複数の世代にわたって決めておきたい方が利用します。

具体例を挙げますと、

「自分が亡くなったら先祖代々受け継いできた土地を長男へ継がせ、その後長男が亡くなったときは長男の嫁ではなく孫に継がせたい」

「自分が亡くなったら妻へ。妻が亡くなったら、自分たちには子どもがいないので弟の子どもに継がせたい」

などです。どちらの場合も先述の理由により遺言書で遺しても実現することはできません。しかし民事信託の後継ぎ遺贈型受益者連続信託を活用すると実現が可能です。後継ぎ遺贈型受益者連続信託とは民事信託の信託契約において「受益者が死亡した場合、その死亡した受益者に代わって受益者を継承する者を定める」形式の信託です。受益者が死亡したときに移るのは所有権ではなく受益権です。委託者が死亡しても信託契約の内容に沿って財産は運用管理されます。

つまり上記のようなケースの場合は信託契約の設定時に、その土地を信託財産として委託者は自分・受益者は妻にし、受益者である妻がなくなったら受益権は息子、孫、弟に承継すると定めておけば、遺言書では実現が難しかった土地の承継を実現することができます。

 

 

民事信託の活用(様々なケース) 関連項目

民事信託について、こちらもご覧ください

家族信託(民事信託)に関するご相談は専門家集団オーシャンへ!

90分完全無料 相続・遺言に関する無料相談はこちら
  • 完全無料で手続きの流れをお伝えいたします。
  • 期間や費用、税金、実費を明確にお伝えいたします。
  • できるだけ費用を掛けたくない方のローコストプラン、丸投げしたい方のプランなどもご案内いたします。

まずは、無料相談を通じて全体像を確認しましょう。

まずは、お気軽にお問合せください。

初回のご相談は、こちらからご予約ください

平日:9時30分~20時00分 土曜:9時30分~18時00分

民事信託 初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内はこちら

家族信託あんしん相談センターでは横浜、藤沢、渋谷に事務所があり、無料相談を受け付けております。また、出張面談も受け付けておりますので、まずはお電話にてお問い合わせください。

【横浜本店】横浜市西区高島2丁目14-17 クレアトール横浜ビル5階
【藤沢支店】藤沢市鵠沼石上1丁目1番1号 江ノ電第2 ビル 4階 
【渋谷支店】東京都渋谷区渋谷1-8-3 TOC第一ビル5階

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします