配偶者なき後問題と民事信託

現在の日本は、高度経済成長や都市化により核家族化が主体となり、超高齢化社会へと着実に向かっています。老人が老人を介護する老々介護、認知症の人が認知症の人を介護する認認介護とよばれるものが当たり前になってきています。

配偶者より自分の方が先に亡くなってしまったら、誰が配偶者の身上監護をしてくれるのか不安を抱える方は多くいらっしゃいます。

民事信託と後見制度の活用

任意後見制度や法定後見制度を利用することにより、一定の財産と権利は守る事が出来ます。しかし、後見制度というのは厳格であり柔軟性がありません。

そこで、自由度高く財産の管理をする事が可能な民事信託を後見制度と併せて活用する事で、自分の死後、配偶者が安心して生活をしていけるよう財産を給付する事が可能になるのです。

民事信託における受託者(財産の管理者)を決めるのは委任者が信託契約により定められますが、受託者と受益者の成年後見人を同一人物がする事は出来ませんので注意が必要です。

 

配偶者なきあと問題については、自分が亡くなった後のことだけではなく、けがや病気により判断がつかなくなったしまった場合にも同じ事がいえます。いつか、ではなく、そうなるまえに準備をしっかりとして対策を講じておく事が何事にも重要な事になります。

民事信託の活用(様々なケース)について

民事信託について、こちらもご覧ください

家族信託(民事信託)に関するご相談は専門家集団オーシャンへ!

90分完全無料 相続・遺言に関する無料相談はこちら
  • 完全無料で手続きの流れをお伝えいたします。
  • 期間や費用、税金、実費を明確にお伝えいたします。
  • できるだけ費用を掛けたくない方のローコストプラン、丸投げしたい方のプランなどもご案内いたします。

まずは、無料相談を通じて全体像を確認しましょう。

まずは、お気軽にお問合せください。

初回のご相談は、こちらからご予約ください

平日:9時30分~20時00分 土曜:9時30分~18時00分

民事信託 初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内はこちら

家族信託あんしん相談センターでは横浜、藤沢、渋谷に事務所があり、無料相談を受け付けております。また、出張面談も受け付けておりますので、まずはお電話にてお問い合わせください。

【横浜本店】横浜市西区高島2丁目14-17 クレアトール横浜ビル5階
【藤沢支店】藤沢市鵠沼石上1丁目1番1号 江ノ電第2 ビル 4階 
【渋谷支店】東京都渋谷区渋谷1-8-3 TOC第一ビル5階

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします