受託者が辞任・解任したら?

受託者は家族信託において非常に重要な役割と義務を担っています。そのため、家族信託を行う際委託者は受託者を慎重に選ぶ必要があります。

しかし慎重に選んだとしても受託者も専門家というわけではなく、家族など身内の人物から選んだ適任者です。何事もなく万全にに進むとは限りません。
ここでは、受託者が「辞任したい」と申し出るケースと受託者を「解任したい」ケースについてご説明いたします。

受託者が「辞任したい」と申し出た場合

前述の通り、受託者は民事信託において重要な役割があります。そのため、受託者が一方的に辞意を主張しても辞任することはできないことになっています。

信託契約において特別な定めがない場合には、受託者が辞める場合には委託者と受益者の同意が必要です。受託者の意思で勝手に辞任できてしまうと受益者に不利益が生じることが大いに考えられるため、簡単に辞めることができないのです。
しかし、受託者がやむを得ない状況にあり受託者としての任務を遂行することが難しい場合には裁判所で「やむを得ない事情を証明」することで、裁判所の許可を得て辞任することは可能です。

 

受託者を解任したい場合

何らかの理由により、家族信託の契約で当初に指定した受託者を解任したいとなった場合には、委託者と受益者の合意により解任することができます。

また、受託者が任務を適切に遂行せずに信託財産に損害を与えた場合には委託者あるいは受益者どちらか一方が裁判所へ申し出ることで、裁判所の許可を得て受託者を解任することができます。

新しい受託者の選任

上記のように受託者が解任され受託者が不在となり新たに受託者を選任する場合には、委託者と受益者が合意することで受託者を選任することができます。また、裁判所が新たな受託者を選任することができるケースも存在します。

もしも新たな受託者を選任するタイミングで委託者が不在の場合には、受益者単独で受託者を選任することができます。

家族信託(民事信託)における受託者とはについて

民事信託について、こちらもご覧ください

家族信託(民事信託)に関するご相談は専門家集団オーシャンへ!

90分完全無料 相続・遺言に関する無料相談はこちら
  • 完全無料で手続きの流れをお伝えいたします。
  • 期間や費用、税金、実費を明確にお伝えいたします。
  • できるだけ費用を掛けたくない方のローコストプラン、丸投げしたい方のプランなどもご案内いたします。

まずは、無料相談を通じて全体像を確認しましょう。

まずは、お気軽にお問合せください。

初回のご相談は、こちらからご予約ください

平日:9時30分~20時00分 土曜:9時30分~18時00分

民事信託 初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内はこちら

家族信託あんしん相談センターでは横浜、藤沢、渋谷に事務所があり、無料相談を受け付けております。また、出張面談も受け付けておりますので、まずはお電話にてお問い合わせください。

【横浜本店】横浜市西区高島2丁目14-17 クレアトール横浜ビル5階
【藤沢支店】藤沢市鵠沼石上1丁目1番1号 江ノ電第2 ビル 4階 
【渋谷支店】東京都渋谷区渋谷1-8-3 TOC第一ビル5階

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします