受託者が不在の場合は?

受託者が死亡した場合等、家族信託において一時的に受託者が不在となる場合があります。信託行為の当事者である受託者が不在になってしまった場合でも信託行為は継続されます。しかし、様々な面で影響を及ぼしますので早急に対処する必要があります。

ここでは受託者が不在になる代表的なケース、受託者が死亡した場合についてご説明いたします。

受託者が死亡により不在となるケース

受託者は家族信託の当事者ではありますが、受託者が死亡することによって民事信託の契約が終了することはありません。

受託者が死亡しても受託者としての地位は相続しませんので、死亡によって受託者の相続人が自動的に受託者になることもありません。当然ながら、死亡した受託者が委託者から託されている信託財産が相続財産として相続税の課税対象になることも遺産分割協議の対象になることもありません。

しかし、受託者の相続人は受託者が死亡したことを受益者へ通知したり、新しい受託者が決まるまで信託財産を保管する義務があります。

受託者が不在になると、信託契約の中で新受託者が指定されていればその人が受託者として信託行為が継続されます。しかし、信託契約の中に新受託者の指定がなかったり、新受託者に指定された人が受託者としての任務を引き受けなかった場合には、委託者と受益者が合意のうえで新しい受託者を指名します。なお、このときに委託者も不在である場合には受益者単独で新しい受託者を指定することが可能となります。

 

 

 

家族信託(民事信託)における受託者とはについて

民事信託について、こちらもご覧ください

家族信託(民事信託)に関するご相談は専門家集団オーシャンへ!

90分完全無料 相続・遺言に関する無料相談はこちら
  • 完全無料で手続きの流れをお伝えいたします。
  • 期間や費用、税金、実費を明確にお伝えいたします。
  • できるだけ費用を掛けたくない方のローコストプラン、丸投げしたい方のプランなどもご案内いたします。

まずは、無料相談を通じて全体像を確認しましょう。

まずは、お気軽にお問合せください。

初回のご相談は、こちらからご予約ください

平日:9時30分~20時00分 土曜:9時30分~18時00分

民事信託 初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内はこちら

家族信託あんしん相談センターでは横浜、藤沢、渋谷に事務所があり、無料相談を受け付けております。また、出張面談も受け付けておりますので、まずはお電話にてお問い合わせください。

【横浜本店】横浜市西区高島2丁目14-17 クレアトール横浜ビル5階
【藤沢支店】藤沢市鵠沼石上1丁目1番1号 江ノ電第2 ビル 4階 
【渋谷支店】東京都渋谷区渋谷1-8-3 TOC第一ビル5階

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします