遺言書作成にかかる費用について

皆さま、遺言書には種類があるのをご存知でしょうか。

遺言書には「自筆証書遺言」、「公正証書遺言」、「秘密証書遺言」、という3つの種類があります。こちらでは、「自筆証書遺言」、「公正証書遺言」のそれぞれの遺言書作成にかかる費用について解説いたします。

 

自筆証書遺言作成にかかる費用

自筆証書遺言の作成には、基本的にお金はかかりません。ただし、遺言書保管制度(法務局が遺言書の原本を保管してくれる制度)を利用する場合には、1件3900円の手数料がかかります。

自筆証書遺言とは、全文(財産目録を除く)を自筆で書き上げる遺言書のことを言います。こちらは代筆が認められていませんので、必ず遺言者自身が書く必要があります。

自筆証書遺言のメリットとしては、ご自身で書くことが出来ますし、気軽に何度でも書き直すことが可能です。また、遺言書の内容を第三者に秘密にしておくことが出来ます。

ただし、遺言書は法律で厳格にその書き方が定められており、少しでもそのルールに則っていないと無効となり、意味のない書類となってしまいます。文言についても曖昧でない正確な文言を使用しなければならず、注意を払わなければいけません。そのため、自筆証書遺言を書く際は遺言書や相続の法律に関する正確な知識が必要となります。

 

公正証書遺言作成にかかる費用

次に公正証書遺言作成の費用についてお伝えいたします。

公正証書遺言とは、遺言者があらかじめ作成した文案を公証人が証人立ち会いのもと遺言書として完成させるものです。公正証書遺言は作成過程で公証人と証人が関わっているので遺言が形式や文言の不備で無効になったり、偽造されたりする可能性はゼロに近いといえるでしょう。ただし、自筆証書遺言とは違い費用がかかります。

以下で、その費用について詳しく解説いたします。

 

公証役場でかかる費用

公正証書遺言を作成する費用は

①公正証書作成手数料

遺言書に記載されている財産の総額や受贈者の人数、遺言書の枚数によって手数料は変わります。一般的には5~10万円程で、遺言作成日に公証役場にて現金で支払います。 

②証人への日当、公証人の出張費用、公証役場以外で作成する場合は交通費が別途かかります。

 

専門家に遺言書作成を依頼するときの相場

上記のように、公正証書遺言の作成では公証人に対して費用を支払いますが、より丁寧に遺産相続の内容について相談をしたい場合には行政書士や司法書士などの専門家に依頼することをおすすめいたします。必要になる費用については、それぞれの専門家によって異なりますが、司法書士、行政書士の費用の相場は5~10万円程で、財産の総額によっても変わります。弁護士の場合は、基本的には着手金と成功報酬に分けて費用の請求をすることが多く、着手金の相場は10万円~30万円程度で、成功報酬については遺産の金額や事務の複雑さに応じて数十万円~100万円単位になることがあります。

 

自筆証書遺言と公正証書遺言の違いについて

最後に自筆証書遺言と公正証書遺言の違いについて以下にまとめました。

 

自筆証書遺言

作成方法:財産目録を除いてすべて自筆で作成する。

保管方法:自宅などで保管するか法務局で保管する。

相続開始後の手続き:法務局で保管されている場合、相続人は法務局で遺言の内容を確認でき、検認は不要。故人の自宅などで保管されている場合は検認が必要で、すぐに執行できない。作成が手軽で簡単な一方で形式や文言によっては無効になる可能性もある。

 

公正証書遺言

作成方法:証人2人以上の立会のもと公証役場で作成。遺言者があらかじめ作成した文案を、公証人が遺言書として完成させる。

保管方法:公証役場で原本が保管される。

相続開始後の手続き:検認は不要ですぐに遺言を執行できる。

作成までに費用もかかり、手続きもあるが、内容は確実。改ざんの心配もない。

 

公正証書で作成する場合、ご自身で書き直すことが出来る自筆証書遺言と異なり、遺言作成後に内容の修正をするときにも別途費用がかかってしまいますので注意が必要です。

 

遺言書はご自身で作成することも出来ますが、不備があった場合は無効になってしまうので注意しましょう。公正証書、自筆証書、どちらで作成する場合にもメリット・デメリットがございますので、こちらをよくお読みの上ご検討ください。遺言書の作成を検討しているが、まず何からすればいいのか分からないなどお困りの方は専門家にご相談してみてはいかがでしょうか。

遺言書の書き方について 関連項目

生前対策について、こちらもご覧ください

生前対策に関するご相談は専門家集団オーシャンへ!

90分完全無料 相続・遺言に関する無料相談はこちら
  • 完全無料で手続きの流れをお伝えいたします。
  • 期間や費用、税金、実費を明確にお伝えいたします。
  • できるだけ費用を掛けたくない方のローコストプラン、丸投げしたい方のプランなどもご案内いたします。

まずは、無料相談を通じて全体像を確認しましょう。

まずは、お気軽にお問合せください。

初回のご相談は、こちらからご予約ください

平日:9時30分~20時00分 土曜:9時30分~18時00分

生前対策 初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内はこちら

生前対策あんしん相談センターでは横浜、藤沢、渋谷に事務所があり、無料相談を受け付けております。また、出張面談も受け付けておりますので、まずはお電話にてお問い合わせください。

【横浜本店】横浜市西区高島2丁目14-17 クレアトール横浜ビル5階
【藤沢支店】藤沢市鵠沼石上1丁目1番1号 江ノ電第2 ビル 4階 
【渋谷支店】東京都渋谷区渋谷1-8-3 TOC第一ビル5階

  • 初回の無料相談会
  • 事務所案内はこちら
  • 事務所へのアクセス

事務所所在地

横浜本店

事務所所在地の地図

〒220-0011
横浜市西区高島2丁目14-17
クレアトール横浜ビル5階

藤沢支店

事務所所在地の地図

〒251-0025
藤沢市鵠沼石上1丁目1番1号
江ノ電第2ビル 4階

渋谷支店

事務所所在地の地図

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷1丁目8-3
TOC第1ビル5階