読み込み中…

想いを伝える遺言書に 付言事項について

遺言書の最後に記載する「付言事項」というものを御存じでしょうか?
遺言書に記載される内容は、法的効力のある法定遺言事項と、法的効力のない付言事項があります。

法定遺言事項には、おおまかに言うと身分に関する事(認知等)、相続に関する事(財産の分配方法等)、財産に関する事(財産の記載)の3つが記載されます。
これらとは全く異なり、付言事項には遺言者の気持ちや相続人に対するメッセージが記載されます。

付言事項とは

遺言書において法的効力のない記載事項を、付言事項といいます。
相続人が最後に受け取る、遺言者からのメッセージとも言えるでしょう。
付言事項には法的効力がないので不必要だと思われるかもしれませんが、自由に文章を作成することが出来るので、遺言者自身の正直な気持ちを伝えることが出来ます。

感謝の気持ちを伝えるだけでなく、相続トラブルを防ぐことも出来る重要な役割を担っているのです。遺言書の内容によっては、相続人の誰かを傷つけるかもしれません。
どうしてこのような財産の分配方法になったかの説明を書くことで相続人の理解を得ることが出来、自身の希望をスムーズに気持ちよく受け入れてもらえるようにもなるのです。

付言事項を書く際の注意点

付言事項は、相続人が受け取る遺言者からの最後のメッセージです。
死後に受け取るラブレターとも言えるでしょう。
最後の印象はいつまでの残るもの。
決して否定的な印象を与えず、読み終わった後温かい気持ちになるように肯定的な言葉で締めくくる事をお勧めします。

付言事項に入れたほうがよいのは、感謝の気持ち、遺言の動機、財産配分の意図や動機、残された家族への希望や願い等です。

また、付言事項が長くなりすぎても遺言の趣旨が曖昧となってしまいます。
長文になる場合には、別にお手紙を用意した方がいいかもしれません。

パターン別 付言事項の文例紹介

感謝の気持ちを伝えたい

○○さん(妻)、人生の荒波をどんな時も一緒に乗り越えてくれてありがとう。○○さんに出会えた事が、私の人生の一番の幸運です。私が亡くなった後も決して涙にくれず、どうか笑顔で過ごして下さい。天国から見守っています。

遺留分請求をさけたい

○○さん、いつもお母さんのお世話をありがとう。お母さんに多くの財産を残すことにしたのは、安心して老後を過ごしてもらいたいからです。○○さんの取り分は少なくなってしまいますが、優しく賢い○○さんならきっと理解してくれることと思います。○○さんが私の子供として生まれてきてくれた事が、私の最大の誇りなのです。ありがとう、そしてこれからもお母さんを宜しく頼みます。

長男の嫁に遺贈する場合

長男Aの嫁である○○さんは、先に旅立った妻そして私の介護に並々ならぬ配慮をして下さいました。老人ホームに入ることなく、大好きな家族の家で最後まで過ごすことが出来たのも、ひとえに○○さんのおかげです。○○さん、ありがとう。そこで、○○さんにも遺産の一部を残すことにしました。次男や三男も○○さんの頑張りは見ていましたし理解してくれることでしょう。これからも家族みなが仲良く暮らしていく事を、心から願っています。

まとめ

付言事項は必ず書かなければならないというものではありません。
付言事項のない遺言書も多くあります。
しかし、付言事項を用いて遺言書作成の経緯や思いを伝えることは沢山のメリットがあります。
特にトラブルが想定される場合には書くことをお勧めします。

自分の思いを伝えられるだけでなく、相続人の理解を得やすくなるからです。「親の思いであれば尊重しよう」と思ってくれるのです。少しの気遣いが、円満な遺言執行に繋がる事を心に留めておきましょう。

遺言書についての関連ページ

各種生前対策について、わかりやすくご説明させていただきます。

「誰が」「何を相続するのか」を生前のうちに決めます。ご自身の遺志を確実に遺すためにきちんと確認しましょう。

ご自身の財産の管理・処分を信頼できるご家族の方に託すことができ、認知症対策等にも活用されています。

身元保証人は身元保証人欄に名前を書くだけが仕事でありません。多くの対応や責任ある役割を担います。

相続税対策における生前贈与では、贈与を行う事で財産を減らし、将来的な相続税の軽減を図る狙いがあります

判断する力が不十分である人に代わり選任された後見人等が、法的な権利をもってサポートを行います。

葬儀・供養の手配、役所への届出等の具体的な手続きの内容を事前に取決め公正証書で残します。

生前対策あんしん相談センターの
無料相談のご案内

1

些細なことでもお気軽にお電話ください

まずは、お電話にてご相談内容の確認と生前対策の専門家との日程調整をいたします。
無料相談は専門家が対応させて頂くため、必ず事前予約のうえお越しください。できる限り、お客様のご都合にあわせて柔軟に調整いたします。

2

ご予約の日時に当事務所へお越しください

お客様のご来所を当スタッフが笑顔でご案内させていただきます。
専門事務所に来られるのは、緊張されるかと思いますが、当スタッフが丁寧にお客様をご案内させていただきます。どうぞ身構えずに、安心してお越しください。

3

無料相談にてお客さまのお話をお伺いいたします

お客様の想いやご不明点をしっかりとお伺いさせていただきます。
お客様の実現したいことをお伺いしたうえで、私どもで何かお役に立てることがあれば「どのくらい費用がかかるのか」というお見積りも明確にお伝えいたします。

生前対策あんしん相談センターの
初回相談が無料である理由

生前対策あんしん相談センターでは、生前対策について、90分~120分の完全無料相談でお客様のお話しをお伺いさせて頂き、お客様のご相談内容に応じたご提案をいたします。
生前対策を通じて、お客様が実現したい想いをじっくりとお聞かせください。

ご依頼いただくかどうかは、その場で決めて頂く必要は一切ありません。
ご自宅にお帰りになってから、信頼できる方々とご相談されたうえでご判断ください。大切な内容ですので、しっかりとご検討されることを推奨しています

生前対策・家族信託・遺言書・相続手続きで
年間2,000件超の実績

生前対策の
無料相談
お電話でのご予約はこちら 横浜、藤沢、渋谷を中心に、生前対策の無料相談! 0120-772-489 メールでの
お問い合わせ