遺言書があっても相続放棄はできる?

亡くなった方の希望が記載されている遺言。希望は叶えて差し上げたいけれど、様々な事情から難しい場面も出てくるものです。遺言があった場合には、必ずその通りにしなければならないと思っていらっしゃる方も多いと思いますが、そんなことはありません。

遺言書があっても相続放棄はできます

亡くなった方が遺言書を残していてもいなくても、相続放棄はすることが出来ます。遺言の方式を問わずすることが出来るので、もちろん公正証書遺言であっても相続放棄することが可能です。

相続放棄は、自身が相続人であると知った時から3カ月以内にしなければなりません。相続放棄をすると決めた場合には、速やかに手続きをされることをお勧めします。

「相続させる」の場合の相続放棄について

「相続させる」旨の遺言があったとしても、相続人が遺産を取得することを希望しない場合には、相続放棄をすることが出来ます。
相続人や受遺者等利害関係人全員の同意があれば、遺産分割協議によって遺産の分配方法を決める事が出来るのです。
この遺産分割協議によって一切の財産を相続しない事にすれば、相続放棄手続きをする必要がありません。

相続人や受遺者等利害関係人全員の同意を得る事が難しい場合には、相続放棄をしたい人物のみが相続放棄手続きをとる事になります。
その場合、相続放棄された遺産について、他の相続人で遺産分割協議をして分配方法を決める事となります。

「遺贈」の場合の相続放棄について

遺言により相続人でない人物に遺産を残すことを「遺贈」といいます。
子が存命しているが孫に遺産を残したい場合や、内縁の妻に財産を残したい場合等に「遺贈」の文言が使用されたりします。

また、遺贈には包括遺贈特定遺贈の二つがあります。

包括遺贈というのは「甲に全財産を贈与する」や「乙に財産の2分の1を与える」のように、遺言者のすべての遺産を割合によって示している場合です。

特定遺贈は「甲に○○の土地を遺贈する」や「乙に○○銀行の普通預金を与える」などのように、特定の財産を指定している場合です。

包括遺贈の放棄の仕方

包括遺贈を放棄する場合、家庭裁判所への申述が必要です。
亡くなった方の最後の住所地の家庭裁判所に申立てを行います。
こちらは、自己の為に包括遺贈がある事を知った時から3カ月以内という制限があります。

特定遺贈の放棄の仕方

特定遺贈の放棄の場合には、相続人や遺言執行者に対する意思表示のみで足ります。
実務上は、放棄した証拠を残すために内容証明郵便で行います。
包括遺贈と異なり、期間の制限はありません。

まとめ

遺言があったとしても、相続放棄をすることは可能です。
相続人や受遺者等利害関係人全員の同意があれば、遺産分割協議をすることも出来ます。
注意すべきは、相続させる遺言なのか遺贈なのかという判断です。
これにより手続き方法が異なってくるので、自己判断で間違いが生じると期間の制限を過ぎてしまう可能性があります。
遺言書がある場合の相続放棄専門家に相談されることを

遺言書の書き方について 関連項目

生前対策について、こちらもご覧ください

生前対策に関するご相談は専門家集団オーシャンへ!

90分完全無料 相続・遺言に関する無料相談はこちら
  • 完全無料で手続きの流れをお伝えいたします。
  • 期間や費用、税金、実費を明確にお伝えいたします。
  • できるだけ費用を掛けたくない方のローコストプラン、丸投げしたい方のプランなどもご案内いたします。

まずは、無料相談を通じて全体像を確認しましょう。

まずは、お気軽にお問合せください。

初回のご相談は、こちらからご予約ください

平日:9時05分~20時00分/土曜:9時05分~17時00分

生前対策 初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内はこちら

生前対策あんしん相談センターでは横浜、藤沢、渋谷に事務所があり、無料相談を受け付けております。また、出張面談も受け付けておりますので、まずはお電話にてお問い合わせください。

【横浜本店】横浜市西区高島2丁目14-17 クレアトール横浜ビル5階
【藤沢支店】藤沢市鵠沼石上1丁目1番1号 江ノ電第2 ビル 4階 
【渋谷支店】東京都渋谷区渋谷1-8-3 TOC第一ビル5階